[Pick Up!] 電話応答ガイダンス 振分けバージョンを収録

今回は、電話の自動応答音声(IVR)のご依頼事例を紹介します。電話をかけたときに「~の方は1番を、~の方は2番を、」と自動ガイダンスで案内される、あの音声です。

◆納品後にいただいたお声

・・・
短期間で納品いただき、ありがとうございます。
また、複数のパターンもご提示いただき、大変感謝しております。
早速ですが、社内で内容を確認させて頂きました。

これでOKとさせて頂きます。
大変丁寧なお仕事で社内一同感激しております。

(ご依頼主:株式会社 JET SQUARE様より)

励みになるお言葉、こちらこそ感激で…ありがとうございます。
しぶとく(?)練られたものに、しぶとく応じただけでして(汗)

 

◆収録内容は 振り分け音声

ご依頼主は、遊戯機器の販売とマリンレジャー施設運営を手掛ける企業様。代表電話にかかってきた電話を、それぞれの事業、ご用件先へと振り分けていくガイダンスでした。

枝分かれのルートづくりだけでもなかなかの作業だったと思います。さらにガイダンス文も簡潔にするご努力を。電話をかけた側はサクサク案内してほしいですもんね…。

 

◆制作の流れ

ご依頼時、文字数把握として暫定稿をお送りいただきました。これを社内でさらに煮詰めて確認ののち確定稿を出しますとのこと。

ここで下読みをしたところ、私のほうで気づいた点がいくつかありました。
・場面によって微妙に変わる名詞は統一しますか?
・係り言葉で主語が長い部分は、言い換えの例を提案。
・同じ単語を繰り返し用いて説明している一文は、耳の混乱を避ける言い換え例を提案。

通常、確定稿がでてから質問をするのですが、混ぜっ返しになるなら校正期間中のほうがいいかな…と。これらを提案事項として、アクセント確認などと一緒にお送りしました。

ご回答はすぐにいただき、それらをふまえて原稿の仕上げへ。
なお、依頼される方はこれが専業ではありません。通常業務のかたわら、作っていらっしゃるわけです。「(まぁ、これでいっか)」という魔の瞬間も訪れるのではないかと思うのですが…細かく、細かく、直しを重ねて、最終稿のご入稿となりました。しぶとい!!(言い方が悪いですね、感服の意です汗)

 

ここからこちらで収録。担当ナレーターは親しみやすさもある「VIORET」です。
[ボイスサンプル一覧] より

サンプル「ガイダンス音声」

実際の収録の段になり…(これ、ちょっと言い回しを変えると、よりわかりやすいかも)と気づき直すことがあります。
今回は2箇所、別の言い回しのパターンを収録し、予備の提案テイクとしてお付けしました。(担当ナレーターも快く応じてくれるのです…!)

そして。
冒頭の『納品後にいただいたお声』に至った次第です。

今回とにかくひたすら(こう言ったほうがお客様にわかりやすいのかな)と推敲していらっしゃる様子が伝わってきました。商いの基本姿勢として見習わなくてはと頭が下がりました…。
いい会社さんにご依頼いただき、よい制作ができました。ありがとうございました!

 


(ちなみに電話用の音声ファイルは…)

今回制作した音声は、電話組み込み用の低レート(電話の可聴域に絞ったデータサイズが小さく粗い音)8000hz/8ビット/モノラル/μ-Law/WAVでした。
(参考:電話用音声について https://narration.office-aruko.net/denwa.html

ナレーション収録屋さんの多くは 44.1khz/16ビット/ステレオ/WAVの一択(またはmp3版)ですが、[オフィスあるこナレーション音声制作]は、レート設定も用途に合わせたものでお作りしています。
※電話用音声ファイルは、IVRの他、NTTフリーダイヤルのオリジナル組み込み用にもお使いいただいています。

機器付属の無償ソフトなどで8000hz/μ-Lawに変換することもできますが、もとの音によっては雑音がひどく出てしまいます。オフィスあるこでは、可能な限りノイズを減らすよう編集を行っています。

オリジナル音声を特注するのは安くはありませんし、先の改定を視野に入れて、自前で柔軟につくれるルートを持っておきたいとお考えの会社さんも少なくないのでは。当収録サービスは、おそらくそのような方に重宝していただいていると自負しています。

オフィスあるこ 代表 兼 ナレーター 木場本和枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加